木曽路の野草  

Vol.7

07年8月9日(金)
 今回は上松町周辺での撮影。早朝、5時前に夜明けの冷気に起こされてそのまま起床。朝食前の僅かな時間であったが、宿から少し車を走らせて目に付いた花だけを撮った。花の種類はそれほど多くはなかったが、朝露を含んだ花は何時見ても美しい。

ノギラン キソガワサツキ ホツツジ マルバタケブキ
タケニグサ キバナノヤマオダマキ カワミドリ シデシャジン

 キソガワサツキは標準和名ではサツキの原種でサツキツツジと呼ぶらしいが上松町のリーフレットにはこの名で紹介されている。巨岩の隙間にしっかりと根を下ろし、僅かに咲き残った花が数輪。川岸の崖を降りて撮った。 シモツケソウは先日伊吹山で見たときと異なり、一株だけ周りに光を放つかの如く咲いていた。

シモツケソウ ボタンヅル ツリフネソウ オオマツヨイグサ



inserted by FC2 system