木曽路の野草  

Vol.30

17年4月13日(木)
このところヤボ用続きでなかなか撮影に出れず、ウズウズしていた。それもようやく片付き約2週間ぶりに出かけた。今回は奥三河から木曽谷をぐるっと回っての撮影。まずは奥三河でトウゴクサバノオとキバナハナネコノメ。トウゴクサバノオは訪れた時間が早過ぎたらしく蕾が多かった。キバナハナネコノメは年々花数を減らしてきており、このままだと何時まで見ることができるかちょっと心配な状況。

トウゴクサバノオ
トウゴクサバノオ トウゴクサバノオ キバナハナネコノメ キバナハナネコノメ

さて、次はこの日の本命のバイカオウレン。現地へ着いたのは昼を少し過ぎた頃。いつものポイントへ行ってみるとこれまで見たことがないくらん綺麗に咲き揃ったバイカオウレンが目に飛び込んできて、思わず「オォ、可愛い、綺麗」の言葉が口をついて出た。多分、まだ咲き始めたばかりだったのだろう。シベがうっすらとピンク色に染まり、いかにも初々しい感じがした。

バイカオウレン
バイカオウレン

いつもコバルトブルーの渓流を背景に撮影するのだが、それだけでは面白くないので、この日は倒木の根っこに咲く花にもスポットを当ててみた。しかし、うっかり露出補正値を間違えてしまって出来上がった画像はシャビシャビのものが多かった。それをなんとか画像処理でカバーして見れる程度まで仕上げた。昨年はイワウチワも数多く見られたのだが今年はほとんどが蕾。咲いていたのはたった1輪でけだった。

バイカオウレン
バイカオウレン バイカオウレン バイカオウレン イワウチワ



inserted by FC2 system