海辺に咲く野草  

Vol.20

15年5月27(水)
この日は別の花を撮りに行く予定だったが、現地へ行ってみると1株も見当たらない。他の人のブログなどを見ると確かに咲いているはずなのにどうしたことか。以前に行ったことがある別の場所へ行こうと思ってもはっきりした道が分からずとうとう諦めてしまった。「さて、どこかへ野草散策」などと思ってもコレと言ったアテはなし。そんなときの救いの神が海岸。

ハマヒルガオ ハマヒルガオ ハマヒルガオ ノイバラ
マンテマ マンテマ ナルトサワギク ナルトサワギク

ハマヒルガオは期待にたがわず浜辺を賑やかに彩ってくれていた。ここはマンテマも多く見られる。お馴染みのナルトサワギク、ハマニガナも健在。「ノハカタカラクサ」は別名の「トキワツユクサ」と書いた方が通りが良いかもしれないが、やはり標準和名で紹介すべきだろう。ヒナギキョウは花茎の頂部に一つの花を付けるが、キキョウソウは花茎の下から上に向かっていくつかの花を付けるのが見分けるポイント。

ノハカタカラクサ ノハカタカラクサ ハマニガナ ヒナギキョウ



inserted by FC2 system