東濃の野草  

Vol.8

12年3月6日(火)
 三河のセツブンソウ、コセリバオウレンがほぼ終りに近づき、次に何を撮ろうかと考えていた矢先、あるサイトでフクジュソウが良い雰囲気で掲載されていたのを見て、東濃地方にフクジュソウの群生地があったのを思い出した。その場所へは一度も訪れたことはなかったが、おおまかな所在地はわかっていたのでネットで調べてみたらすぐに見つけることができた。当日の天気は晴れの予報に反して曇り空。果たして花が開いていてくれるかと、心配しながら出かけた。

フクジュソウ
フクジュソウ

 危惧したとおり、現地へ着くと花が閉じている。しばらく様子を見ているうちに僅かながら開いてくれた。ただ、まだ咲き始めたばかりらしく葉も伸びておらず、その姿はニョキニョキと地面から這い出してきたような感じ。見頃になるのはもう1週間近くかかりそう。今回は背景的には不満足で、次の機会に場所を変えて撮ってみたい。

コハコベ



inserted by FC2 system