伊吹山四月の花  

Vol.5


12年4月17日(火)
このところ周期的に雨が降り、気温も徐々に上がってきた。伊吹山は上部の雪解けが進んでかなりまだら模様になり、遠望しているだけでも春の訪れが実感できるようになった。一昨日は、伊吹山三合目に春の花を求めて今年初めての山登り。山へ向かう前に伊吹野のいつも立ち寄る場所へ行ってみると、ミヤマカタバミが満開状態。朝日を受けて花弁が透き通った状態を撮りたいと思っていろいろ撮ってみたが、なかなか意図した通りには撮らせてもらえない。ヤブレガサ、スミレサイシンはここで撮影。

ヤブレガサ ヤブレガサ ミヤマカタバミ ミヤマカタバミ
スミレサイシン スミレサイシン ヒトリシズカ ヒトリシズカ

登山コースは、登山口から1合目までは登山道。2合目までは林道歩き。2合目から3合目へは元の登山道に戻るのがいつものパターン。林道ではスミレを多く見たが、後で図鑑を見てもほとんど名前が分からないのが残念なところ。途中、1カ所だけヒトリシズカが咲くところがあり、今年も元気な姿を見せてくれた。ヒロハノアマナ、アマナはちょうど満開で、ここでもかなりの枚数の写真を撮った。2合目を過ぎたあたりで時刻は2時半を回っており、キバナノアマナが開いているうちに3合目まで行こうと急いだ。

アオイスミレ コスミレ コスミレ スミレサイシン
ヒロハノアマナ ヒロハノアマナ ヒロハノアマナ アマナ

なんとか滑りこみセーフでキバナノアマナも花を開いてくれていた。近くにはセツブンソウ群落があり、ここも満開。スハマソウはコースのいたるところに咲いているが、やはり圧巻は3合目の大群落。しかし、時刻は既に4時近くになっており、数カ所で撮影しただけで下山。帰路は時間短縮のためすべて登山コース。小走りに駆け下りて登山口の駐車場に着いたときには5時40分になっていた。最初の寄り道で多くの時間を費やしてしまったのが悔やまれる。毎年のことながら、最初の登山では息が上がり、脚も思うように動かなくて何度休憩を重ねたことか。

キバナノアマナ キバナノアマナ セツブンソウ スハマソウ



inserted by FC2 system